災害時・緊急時のSNS活用
参加費無料!
主催:エージェントプラス・エージェントプラスさつま
2016年6月18日(土)

<開催場所:かごしま県民交流センター 大ホール>

午前の部
鹿児島県
高齢者雇用促進プロジェクト
午後の部
第一回鹿児島県民WEB勉強会
−SNS編−
午前の部 無料お申込 午後の部 無料お申込

今回のフォーラム開催にあたり

先般、日本一検索される数が少ない県と言われる(※Yahoo調べ)ほどの我が故郷・鹿児島県。
その故郷にもっともっとWEB・インターネット・ITの本当に役立つ情報を提供できたら。
また、わずかではありますが、高齢者の皆様への敬意を持って恩返しがてら、
雇用することができたらということで、このようなフォーラムを開催することを決意しました。
BtoB企業であるエージェントプラスが県民の皆様向けに開催しますので、
怪しく思われるかもしれませんが、当日財布不携帯で問題ありません。
ただ単に知識を増やしていただければ。切に願うばかりです。株式会社エージェントプラス
株式会社エージェントプラスさつま
橋口 洋和

※今回は一般向けのフォーラムとなります。企業様のご参加も可能ですが、内容は企業様向けとはなっておりませんので、あらかじめご了承ください。

高齢者雇用促進プロジェクト

現在、高齢者の中にはアクティブシニアと呼ばれる元気な方が多くいらっしゃいます。
しかし、その方達に就業意欲があっても、それに応じた職業機会が十分に提供されず
失業率が 全年齢平均と比べても著しく高い状況です。

この現状を、今まで鹿児島の礎を築いてくださり、所作、生き様を示してきてくれた
諸先輩方のお力添えを頂きながら、なんとかしていきたいと。
先輩方に引っ張っていてもらいながら、その背中を見て次の人たちが繋げていけるように、
このプロジェクトを一過性の流行りではなく、今後も定着して持続できるもの(文化)として
根付いたものにしていきたいと思っています。

当日プログラム

9:30〜 開会のことば
「鹿児島にいらっしゃる多くの諸先輩方へ。」
株式会社エージェントプラス 株式会社エージェントプラスさつま
代表取締役 橋口洋和
9:45〜 「インターネットでできること」
これからは個人がホームページを持つ時代です。
離れて暮らすお子さまやお孫さんに、日々の暮らしを伝えてみませんか。
今日は何したかな?美味しいご飯食べているかな?と気になっても
年に1〜2回の帰省の時に顔をあわせるだけだと寂しくもあり、心配だって募ります。
そんなすぐには会えないという状況でも、
SNSを使えば、お出かけやご飯、ちょっとした日々のやり取りが可能になるのです。
何気ないやり取りで安心したり納得したりすることができる。
インターネットのおかげで可能となったことをご紹介します。

また、昨年から鹿児島市を中心に無料のタブレット講座を開催しています。
4月からは鹿児島市の生涯学習プラザ協働講座も開講。
受講者からの評判も上々で、インターネット回線が家になくても使える
タブレットという新しい情報機器を活用する講座についてもご紹介します。
10:15〜 「鹿児島県求人集めてみました。」
アクティブシニアの皆様へご紹介できる求人情報を紹介いたします。
いつ見ても同じような求人。
代わり映えしない職種に埋もれがちですが、
これまでとは違ったいろいろな求人をご紹介します。
不自由なく生活できる社会を作ってきた先輩方に
今の世の中が当たり前だと思って暮らしている我々に対して
これからも道を示してほしいという想いを込めて集めました。
「まだまだ現役で働ける!」
「自分たちの経験を伝えられたら!」
そんな気持ちになっていただける内容です。

求職中の方には、新しく働き始めるきっかけになってほしいという想いです。
いつも見ているハードルは低いけど倍率が高い職種ではなく、
専門性が高くてなかなか応募できない職種でもない。
これからだってチャレンジできるお仕事を始めてみませんか。
10:45〜 「株式会社薩摩恵比寿堂 代表取締役社長 藤根力様 テレビ電話出演」
株式会社薩摩恵比寿堂 代表取締役社長 藤根力様より
会社紹介や求人情報についてお話しいただきます。
アクティブシニアの皆様を対象としたよく見る求人とは違い、
皆様に生き生きと楽しく働いてもらえるような
薩摩恵比寿堂様の求人についてご説明します。
11:30〜 「情報発信文化を生業とする3人によるトークセッション」
福岡大学非常勤講師で、Facebookでは毎月15,000以上の「いいね」を獲得、
コラムを書けば数万のアクセスが殺到する中村修治氏。
マイクロソフト株式会社、Google、Twitterジャパンなどで
世界最先端のIT情報に触れてきた小林寿朗氏。
そのお二方と弊社代表の橋口の3名によるトークセッション。
台本なしの白熱したトークは予測不能!
午前の部 無料お申込 鹿児島県民WEB勉強会

中村修治氏小林寿朗氏を招いて、鹿児島県民に向けたWEB勉強会を開催。
記念すべき第1回目はSNS編と題し、
FacebookやTwitterといったSNSについてお話ししていただきます。

当日プログラム

13:45〜 中村修治氏講演
「SNSについて〜Facebookの更新とその効果」
14 :45〜 小林寿朗氏講演
「SNSについて〜地方からのTwitter発信〜」
15 :45〜 「これからのさつまを見据えて」
今回のフォーラムを開催した理由
講師紹介
中村修治氏
中村 修治 氏

1986年、立命館大学卒業。94年、福岡でペーパーカンパニーを設立し独立。
大手広告代理店のブレーンとなって多種多様な企画にいっちょかみをする。
福岡に企画会社など存在もしなかったころから20年間も前線で生きている戦略プランナー。
最近は、Good不動産やJR博多シティのネーミングなどコンセプターとしての活動が多く、
多様な企業の顧問および福岡大学非常勤講師も務める。
ネット上でコラムを書くと数万のアクセスを荒稼ぎ。
フェイスブックでは、毎月15000いいね以上を獲得。

中村修治氏
小林 寿朗 氏

神奈川の有名百貨店から、物流大手企業などさまざまな職種を経験したのち
2001年よりバリューコマース株式会社にて、アフィリエイト広告の普及に尽力し、
大阪営業所を設立。
2002年からマイクロソフト株式会社MSN事業部にて、大阪営業所を設立し、
西日本地区におけるポータルサイト広告営業を担当。
2006年3月よりGoogle大阪営業所の所長として従事。
2012年5月よりTwitterJapan株式会社 西日本オフィス開設。
企業の大小を問わずプロモ広告商品のセールス活動に従事。
現在、これまでの経験を活かした新しいインターネットサービスを準備中。

午後の部 無料お申込

幕末から明治にかけて、薩摩の地は元気でした。西郷隆盛、大久保利通など
日本史に名を残す多くの偉人を輩出し、日本の近代化を引っ張りました。
日本人の誰もが知っている英雄を生んだ郷土は今、
人口減少、地域経済の衰退で元気がありません。
国内での存在感は失われ、若者は大都市に流出するばかりです。
ただ私たちは、薩摩の栄光が失われてしまったとは思いません。
今も鹿児島には日本全国に誇れるものが、たくさんあるからです。
牛や豚、サツマイモのほか、養殖のブリ・カンパチ・ウナギなど生産量日本一の食材が
いっぱいあり、日本人の台所を支えています。
ツルの渡来数も、ウミガメの上陸数も日本で一番。
世界遺産の屋久島など豊かな自然に恵まれています。
国内のロケットの打ち上げ施設は鹿児島だけで、日本で最も宇宙に近い県なのです。
私たちは、これまで培ってきたWEBの力で、
鹿児島の誇りをアピールできないかと考えております。
インターネットは県の垣根を超え、日本全国、世界に発表の場が広がります。
さつま伝承プロジェクトは、鹿児島の誇りを今に継いでくれた先人たちに
敬意を評しながら、私たちの持っているWEBの知識を薩摩の方々に伝える活動です。
かつては郷土の英雄たちが、命懸けで近代国家樹立に奔走し、
薩摩の名を全国に轟かせました。
今度は、鹿児島に暮らす私たちがWEBの力を使いこなし、
薩摩の底力を全国に見せてやろうじゃないですか。
1人の力では限界もありますが、老若男女が結集し、
鹿児島の誇りをみんなで発信できれば、郷土は元気を取り戻せると信じています。
それが、さつま伝承プロジェクトに込めた願いなのです。

CSR事業部 事業部長 中島 仁志

生涯学習を通して、IT・WEBツールを「使える」こと。
使えることで雇用の機会も増えるだけでなく、家族や地域、近所の仲間と「つながる」こと。
つながることで情報発信も可能となり、生活が「広がる」こと。
この「使える」「つながる」「広がる」きっかけづくりになればとCSR事業部を立ち上げて半年。
これまでタブレットの無料体験講座を少人数ながらも地道に開催してきました。
今回は200名規模のフォーラムを開催です。
初めての開催で、これまでの講座とは場所も規模もスケールが一桁も二桁も違います。
悪戦苦闘しながら手探りで準備を進めており、不安もありますが、期待もいっぱいです。
みなさまに「また次も楽しみにしてる!」と思っていただけると幸いです。

CSR事業部 平野 理恵

私たちはCSR活動として、タブレットの無料体験講座を少数ながらも毎月開催していました。
それが今回200名規模のフォーラム開催が決まり、
CSR活動としては大きな1歩になると思っています。
ですから、不安を抱きながらも日々ワクワクしています。
多くの方に参加していただき、今回のプロジェクト開催をきっかけに、
IT・WEBツールを楽しく活用してもらえると大変嬉しく思います。

午前の部 無料お申込 午後の部 無料お申込