第1回鹿児島県民WEB勉強会 中村修治氏 講演

2016年6月18日@かごしま県民交流センター 大ホール

さつま伝承プロジェクト 午後の部 第1回鹿児島県民WEB勉強会 –SNS編–

さつま伝承プロジェクトでは、午前の部と午後の部の2部構成としたフォーラムを開催しました。
午後の部では、中村氏と小林氏の講演を中心に実施しました。
20年間前線で生きている戦略プランナーであり、最近ではグッド不動産やJR博多シティのネーミングなど
コンセプターとしての活躍が多く、多様な企業の顧問および福岡大学非常勤講師も務める中村修治氏。
マイクロソフト株式会社事業部にて大阪営業所を設立、グーグル大阪営業所の所長として従事、
ツイッタージャパン株式会社西日本オフィス開設の経験を持つWEB業界の兵である小林寿朗氏。
そのお二方の講演の模様をレポートいたします。

  • ワタシの暮らしを変えたフェイスブック
     

  • 中村 修治 氏

– こんなことやってます –

まずは、中村氏がこれまでどういう活動を行い、現在SNSでどのような発信を行っているのか簡単に
説明していただきました。

  • 小林修治さん経歴
  • Facebook資料1
  • Facebook資料2
  • Facebook資料3

普段、Facebookで投稿していただいている内容の一部を紹介しました。
熊本地震における報道マスコミについてや、今年話題となった舛添元都知事についてなど、
時事ネタを含みながら鋭く、ときには面白く投稿をされています。
このFacebookへの投稿については1日に2回を自分へのルールとして5年以上前から続けているそうです。

  • Facebook資料4
  • Facebook資料5

– SNS上でのコンテンツの創り方のコツ –

人間の大脳皮質の厚さで把握できるコミュニティの総数はせいぜい150人である

友達が何千人いるかを自慢しても意味はない。
その150人に入り続けていられるかがソーシャルメディア活用の課題なのである

そのように説明された中村氏が常に心がけていることは、「その150人の中にいること」
そのためには、ネットで集めた面白い画像についてクスッと笑える一言をつけたり、
世の中の人たちが普段思っていることをあえて文章として提起してみたり、
「なるほどな!」「確かにそうだな」「それ言って欲しかった!」なんてことを、
ただ真面目に投稿するだけでなくクスッと笑えるようなユーモアを添えて投稿することで
「いいね」や「シェア」が確実に増えていったとのこと。

SNSでシェアされるとは

もう、義を言っている場合ではないのである!
兎にも角にも、「アウトプットすること」が1番大事なのである!

アウトプットしていれば絶対に何かが起こるとのことでした。

  • 中村修治さん講演の様子1
  • 中村修治さん講演の様子2

– ワタシとオフクロの関係を変えたSNS –

ワタシは滋賀県彦根市の実家に齢80歳のオフクロを独り暮らしさせている不肖の長男です。
ワタシは親父が死んだ10年前から1日も欠かすことなくオフクロと1日1通メールを交換しています。

まだまだ打ち間違いや変な絵文字が入ってくることが多いそうですが、
確実にやり取りができることで、直接目の前にしては言えないことや後ろめたさやの軽減に
つながっているそうです。

このメールのやり取りを続けることのメリットとして次の5点を挙げられました。

・生存確認ができる
・ボケ具合が確認できる
・孫娘たちも助かる
・対面して言えないことが言える!
・息子の後ろめたさを軽減できる!

メールのやり取りを続けることのメリット

– 自分が楽しいことをやり続けること –

「楽しいことを継続的にやると集客に困らない」
まずは、集客しようと思わないこと。
自分が楽しいと思えることをすればいいんです。楽しいことをし続けるんですよ。
で、それを発信し続ける。

そうすると、人が集まってきますよ。

「楽しそうにみせかける」「充実しているように見せかける」発信は「継続」の前では透けて見えます。
「ウソ」だと見ている人は気づくのです。

「自分が本当に楽しいを思えることをやり続けること」

それをやり続けると、「集客」の概念が変わるかも。

  • 中村修治さん講演の様子3
  • 中村修治さん講演の様子4

次ページ>> 小林寿朗氏 講演「Twitterをつかってできること」