2016年8月25日
@鹿児島市勤労者交流センター(愛称:よかセンター) 第1会議室

さつま伝承プロジェクト
「ホームページ、誰がいつどこで見ているのか?
〜解析を半日考えて、作ってみよう〜」

今回は、さつま伝承プロジェクトの企業向けとして、アクセス解析について説明しました。第一部では、「アクセス解析とは?」という基礎的な部分をお話し、第2部、3部では、エクセルを用いたレポートの作り方、レポートの見方についてお伝えさせていただきました。まずは、その模様をレポートにいたします。

第1部:アクセス解析とは

うちのホームページ、どこの県の方によく見られているんだろう?
TOPページよりもこっちのページの方が見られてるんだ。
こんなキーワードで来たのか!など意外と知らない事実が見えてくるアクセス解析。
では、アクセス解析とは、どういったものなのかご説明します。

ログとタグ

ログ=記録
インターネットは、双方向性ですから、 このログ(記録)を取る(貯める)ことができます。
アクセス解析は、このログを解析します。
タグ=目印
WEBサイトにこのタグを貼って情報を収集して解析します。
また、タグはトラッキングコードと呼ばれます。
トラッキングにより取得・蓄積される付帯情報などを解析していきます。

ログの解析タグの情報収集・解析
この二つをアクセス解析といいます!

~アクセス解析で何が分かるの?~

初めての方はアクセス解析と聞いて、「どんなことがわかり」「どんなことをすれば良いか」
疑問が多いと思います。

例えば、こんな事が分かります!

  • 見ている人の国や都道府県などの一定エリアがわかります
  • スマートフォンの機種、画面の解析度(大きさ)がわかります
  • どんな検索キーワードで訪れているのかわかります

では、どんな検索キーワードで来たのか分かったら何をすればいいのでしょうか。

SEO(検索エンジン最適化)ができます。流入が多いキーワードの追加など、対策を立てられます。

〜アクセス解析ツールの種類と変遷〜

ログ型とビーコン型の2種類のそれぞれのメリットとは?
ログ型
  • 導入以前の期間も分析が可能
  • 再解析が可能・新しい解析メニューも触れる
  • データ収集のサーバが不要(→インフラコスト縮小)
  • WEBサーバの設定が必要な場合あり
ビーコン型
  • ログでは取れないデータを収集できる
    (ブラウザ表示サイズなどユーザの閲覧情報や属性情報など取得可能)
  • イベント系の計測がしやすい(仕組みとしてイベント送信しやすい)
  • 解析スピードにもよるが、データ受信がリアルタイムのためデータ反映スピードは早い
  • データ収集サーバが必要なため、従量課金のサービスが多い
    ※GAも無料は月間1000万pvまで(それ以上はプレミアムにて対応)

~Google Analyticsについて~

それでは、世界的に有名なGoogleが提供する、ビーコン型であるGoogle Analyticsをご紹介します。

  • 世界のGoogleが提供しているツール
  • 無料で利用できる※導入コストは必要なし
  • 計測したいページへタグを設置するだけ※HTMLが触れればOK
  • 日本企業の60%以上が利用している
  • 説明している書籍やWEBサイトも豊富

利用者と対象サイトを登録して、対象サイト内にタグを埋め込むことで
基本的なアクセス情報として様々なものが入手できます。

~Google Analyticsで、どんなことがわかるの?~

WEBサイトでどれくらいページが見られているかわかる!
※ページへのアクセス状況(訪問数やPV数)がわかります。
Google Analytics > レポート > ユーザー
「ユーザー」 → 「サマリー」
 をクリック!
セッション、ユーザー、ページビュー数を見ていきます
どのページから訪れたかわかる!
※どこからページに流入してきたかわかります。
Google Analytics > レポート > 集客 「集客」→「サマリー」をクリック!
ユーザーの行動が確認できる!
※ページの中身をユーザーからみられているかわかります。
Google Analytics > レポート > 行動 「集客」→「サマリー」をチェック!

次ページ>> 第2部:レポートの作り方