2016年8月25日@かごしま県民交流センター

さつま伝承プロジェクト
お手軽エクササイズ~この秋、あたしは変わる〜

第二部では、健康管理のために毎日記録をつけるのって面倒。続かない。という方いますよね?
そこで、今回は簡単に記録できるアプリやSNSの使い方までお伝えしました。更に、体の中から健康に
なっていただければと、糖質制限について、そしてレシピもご紹介させて頂きましたので、
そちらの模様をレポートいたします。


 

健康管理どうしてますか?

 


 

厚生労働省2014年「健康意識調査」によると、平均寿命伸張に伴う高齢化社会の到来、
感染症などから生活習慣病などへの疾病構造の変化に伴い、国民自身の健康意識が向上しています。

現在、健康に気をつけている方が 87%

 

日頃どんなことに気をつけているのでしょうか


健康の為に、毎日できることから生活に取り入れて

実践している方が多いようです。

みなさん、健康に気を使って食事・睡眠・運動をされている方は多いですが

その中で、「記録」をつけている人は 26%

 

 

 

記録することでわかること


• 自分の状態を知ることができる

 日々の記録をとることで、今現在の自分自身の体の状況を把握することができます。
 まずは、自分の体のことを知ることが大事です!
 自分の正常値を知ることで異常を発見できることもあります。

 

・毎日の運動負荷を確認することができる

 日々の運動を記録することで、翌日の疲労具合と照らし合わせながら
 次回の運動内容を決めていけます。

 

・体重コントロールの目安になる

 急激な体重量の変化は、隠れた病気を発見することにもつながります。

 

健康状態の測定結果の管理・チェック方法はいくつかありますが、もっとも多い方法は、手帳やノートに
記録する、次にパソコンでの管理、そして、スマートフォンやタブレットでの管理という順番でした。

今回は、参加頂いた方には簡単に記録できる無料アプリをご紹介しました。


ヘルスケアアプリ


 

健康系のアプリの種類は多岐に渡りますが、基本的には「日々の体の状態を記録したり、測定したりすることでユーザーの健康維持を助けるもの」です

 

例えば、食べ物のカロリーを記録してレコーディングダイエットができるアプリや体重を朝晩記録して体重管理を助けるアプリなどがあります。
それだけでなく、健康維持に役立つトレーニングメニューの提供と管理を行うアプリや、聴覚障害・視覚障害などのハンディキャップを持つ方々を支援するアプリなどその範囲は多岐にわたります。

 

◆歩数計アプリ

簡単に記録できるアプリ 運動編


歩数計

 あなたが歩いた歩数を記録し、歩数と消費カロリー、距離、歩行時間、時速を表示します。

 使い方は簡単。STARTボタンを押せば、あとは普段通りにスマホを持ち歩くだけです。
 当然、ポケットやバッグの中に入れたままでも自動で記録され続けます。

 歩数などの全ての情報は、いつでもグラフ付きで確認できます。
 しかも、日別、週別、月別で表示もできるので、一目で簡単に比較できます。

 このアプリと共にウォーキングするだけ!
 勝手に記録され、グラフ化されるので、入力不要です。


◆ダイエットで健康をサポート 体重記録

体重編のお話の前に・・・


体組成計(たいそせいけい)とは・・・

 

 「体組成」とは、筋肉や脂肪、骨など私たちの体を構成する組織のことをいいます。
 その「体組成」を推定して表示するのが、体重体組成計です。
 肥満の予防・改善をはじめ健康管理を行うには、体重だけでなく、体脂肪率の測定、
 さらにその脂肪の内容(皮下脂肪か内臓脂肪か)や筋肉率の測定など、
 「体組成」をチェックして体のバランスを知ることができます

写真 アプリによっては、毎日1回数値を入力するだけで、「体重」「体脂肪」をいったダイエットに欠かせない項目に加え、筋トレ用途に「筋肉量」も管理できます。
そして、何よりも嬉しいのが自動でグラフ表示に切り替わり、数値変動も一目でわかります!

 

食べたものを選ぶだけ!栄養士からの食生活改善のアドバイスが得られる健康サポート& ダイエットアプリ。メニューを選ぶだけで、カロリー・栄養素を自動計算!
更に、15種類もの栄養素の過不足と食事バランスをグラフで表示してくれるアプリ。
これが一部無料で使える、とっても嬉しいアプリ。


 

◆血圧の変化をスマホで記録できるアプリ

 日々の血圧、体重、服薬状況などについて記録しておくことができます。
 記録アラートを設定しておけば、時間にお知らせしてくれる、嬉しい機能も!

 アプリによっては血圧の記録だけでなく、体重、体脂肪率の記録機能付きのアプリもあり
 お医者さんとのコミュニケーションにも役立てることもできます。

 

◆Facebookを使って記録をつけよう!

 自分のページに日記を書く。そこに、日々の記録をつけていくのも1つの方法です。
 Facebookには「ノート」という機能があり、長文を書きたいときに最適な場所です。



 

Facebookで日記を書こう!





Facebookで日記を書こう!



今、こんなに便利なものが!


リストバンド型活動計


24時間腕に巻き付けておくだけで歩数・移動距離・消費カロリー・睡眠量といった人間の生活に関わる各種データを取得してくれる優れもの。
水泳、ジョギングなどのトレーニングのお供にも最適です。

※活動量とは・・・
身につけることで、身体の揺れを判断して日常生活での消費カロリーを計測できる機器のことです。
なかでも、手首部分に巻き付けるように着けるタイプをリストバンド型活動量計と呼びます。

ここが凄い!


◆従来のものとココが違う!
 従来の歩数計が歩いた時だけの歩数やカロリーを計測するのに対して、 活動量計は、
 運動以外のデスクワークや家事、睡眠など、日常の全ての活動の消費カロリーが測定できます
 また、歩数、移動距離、睡眠量も記録できる機器が大半です。

 継続的な記録も可能なものも多く、その蓄積データは単なる数字を超えた人生の記録の一種として
 「ライフログ」とも呼ばれます。
 「ライフログ」を活用し個々に応じたトレーニングや健康改善のプランを立てることもできます。

◆iPhoneやAndroidなどのスマホとの連携性もポイント
 スマホアプリと、本体データを連携することで、高度な健康管理を実現。
 単に個人のデータを蓄積するだけでなく、より効果的なトレーニングや健康改善のための指導を
 してくれるアプリもあります。

 

※docomo HEALTHCAREより

 

糖質制限とは?