2017年6月2日 @鹿児島県民交流センター 第1中研修室

さつま伝承プロジェクト
「絶対に負けられない、ホームページ制作を補助金活用でするセミナー」

今回は企業向けとして、「IT導入支援事業補助金」についてセミナーを開催しました。
集客や生産性向上のために、ITシステムやサービスの利用をすると、それに対して国から補助金が出る仕組みについてお話しさせていただきました。その模様をレポートさせていただきます。


通販より悲観しない B to B


B to Bは、まだできます。

代表橋口は、言った。なぜか?そんなにWEBを有効活用できていない企業が多いから。
無論、課題もあります。どこまで開示して、どの状態で問い合わせをもらうのか?


CASE 下竜尾でランチを食べる


ラーメン屋大将のWEB施策。
自分の地域の商圏を考える。住所の地名ではなく。
ラーメン屋でラーメン食べたい人なのか?ランチのお店を探すのか?
検索キーワードが違いますよね。

ランチでカフェを探す人にラーメン食べさせるのは至難の業です。ですが、なんでもいいからランチを食べたいという人に、ラーメン屋がアプローチするのはOKです。
そこまで考えたお店の名前、狭域エリアマーケティング戦略をしないといけないのです。


問い合わせ後の営業を考える

<まとめ>

フォームは2つゴールにする。 価格帯が出せないものは、ECだけが全てではない。 問い合わせデータ取得後のフローを考えてみる。 相見積もりを取りたい人の目線の動きを考える。 時代とともに状況とともに変わってもいいと思います。一番効率的で、最大母数が増えるやり方を都度検討してみてはいかがでしょうか。




さつま伝承プロジェクトへ